Translation Guide翻訳ガイド

確かな翻訳力のある企業に依頼していますか?翻訳といっても様々分野でつかわれています。ですが、その媒体に合った翻訳を行う必要があります。

翻訳会社のサービス内容

翻訳会社では原文を指定の言語に翻訳を行うと言うサービス以外にも、通訳やテープ起こしと言った業務を可能にしている所が多く在ります。

通訳と言うのは、英語で会話をする人の話を聞いて、それを日本語に置き換えて、その場にいる日本人に伝えると言う仕事で在り、会話の内容を瞬時に把握して、それを異なる言語で伝えると言う能力が必要になります。

一方、テープ起こしと言うのは、カセットテープなどに記録された音声内容を聞き取り、指定の言語に訳して文章を造り上げる仕事で、通常の翻訳会社の中での翻訳業務とは異なり、原文が音声で録音されているため、それを聞き取った上で訳す必要があります。

納品形態に対応する翻訳会社

最近では、翻訳した文章を何に利用するのかという事によって納品形態が違ってくる事もあるかと思いますが、いろんな納品形態に対応してくれる翻訳会社も多いみたいですね。翻訳会社から受け取った文章に手を加えたりする事なく、そのままの状態で利用できるという事も多いのではないかと思います。

納品形態については、依頼をする時点で翻訳会社の人と打ち合わせをする必要があるかと思いますが、その際にしっかりと話をしておくといいでしょう。後になってからやはり変えてほしいという要望に翻訳会社は対応できない事も多いかと思います。また、他にも翻訳会社が仕事をする上で気を付けてほしい事があれば、最初に伝えておきましょう。

翻訳会社のスタッフを指名する

言うまでもなく、自分が依頼する翻訳会社は自由に選ぶ事ができます。

しかし、それだけではなくて、翻訳会社にスタッフがたくさんいる場合には、どのスタッフに仕事をしてもらうのかという事を自分で選んで指名できる場合もある様です。

直接会社のホームページに使う文章なので、クオリティーを重視する必要があるため、ネイティブのスタッフを指名したいという事もあるかと思います。翻訳会社の中でも指名したスタッフが多忙などの理由で対応できない事も、もしかするとあるかもしれませんが、翻訳会社に相談してみるのもいいかもしれません。また、翻訳会社でいつも担当してくれる人がいれば、その人に相談するのもいいでしょう。

翻訳会社で専門分野を翻訳する

翻訳家として働くには、フリーランスとして働く形と翻訳会社に正社員、または派遣社員として登録して仕事をもらう方法に大きく分かれます。また翻訳内容も小説のような文芸から産業や医療などの語学以外の専門的な知識も必要なものまで幅広いです。

収入の安定を選ぶのであれば、翻訳会社に正社員として勤務する方がおすすめです。収入を上げるためには語学力だけでなく専門分野をもつことも大事です。最近は、翻訳単価自体が下がっているため、ただ日本語に訳せるだけでは高収入を望むことが難しくなっています。翻訳家の平均的な年収は500万前後で半数以上が300万未満です。

アルバイトの採用を行う翻訳会社

正社員として働くスタッフだけが翻訳会社に在籍している分けではなくて、アルバイトの採用を行っている事もあります。

正社員を採用するまでもないが、やはり人手不足なのでアルバイトのスタッフに部分的に業務をお手伝いしてほしいという翻訳会社もあるでしょう。

また翻訳会社で仕事をするスタッフにしても、プライベートも大事にしたいという場合や、家庭の事情を優先しないといけない時でも、アルバイトという方法を選択する事によって翻訳会社で働き続ける事ができます。

翻訳会社ではいろんな働き方をしている人がおり、この他にもフリーランスとして社外で活動している人もいます。この業界では特に働き方が多様化しています。

翻訳会社に所属する翻訳者の給与について

翻訳家になる人には翻訳会社に所属し翻訳家として活躍していく人と、フリーランスとして個人で仕事を受けていく人がいます。

給与には専門性などが問われますので、一概には言えませんが企業を相手にした翻訳はレベルが高いと言われていますので、給与も高くなる傾向にあります。平均的な給与としては年収数100万円の人が多く見られ、一般的なサラリーマンほどの給与はもらえることが分かっています。

また、専門性や抱える仕事の量によっても給与は大きく変わってきます。翻訳者によっては年収1000万円を超える人もいますし、少しだけしか稼げない翻訳者も多く存在します。

翻訳会社についての記事