Translation Guide翻訳ガイド

確かな翻訳力のある企業に依頼していますか?翻訳といっても様々分野でつかわれています。ですが、その媒体に合った翻訳を行う必要があります。

翻訳の需要

世界にはたくさんの言語があります。そのため、翻訳するにはたくさんの言語の翻訳があります。その中でも特によく利用される事が多い言語というのがあります。

それは、英語、中国語、スペイン語など国連の公用語となっている言葉や複数の国で利用されている言語です。それらは利用している人が多く、翻訳の需要も必然的に高まっています。

今では、世界のたくさんの国どうしが経済などのあらゆる所で関わっています。

また、インターネットなどでは非常に多くの言語が飛び交っています。それぞれの言語を翻訳する人は当然必要になってくると考えられます。

ニュアンスを表現した翻訳

私が翻訳する時に特に気をつけるのは、口語表現を英語へ翻訳する時にいかにぴったりとした言葉を見つけ、微妙なニュアンスを表現できるかです。

英語から日本語への口語表現ならば、母国語が日本語である私にとってはまだどうにか見合った表現を探し出す事ができますが、日本語から英語への翻訳となると、私の知っている英語のボキャボラリーの中から、ぴったりとした表現を探し出す事はかなり骨の折れる作業となります。

英語圏で暮らした事がありますが、やはりネイティブではないので、この様な口語表現の翻訳となると英語と日本語のバイリンガルの人が羨ましく思えます。

翻訳の仕事の向き不向き

ずっと椅子に座ったまま仕事を行う事が多い翻訳の仕事は、向き不向きがあるかもしれませんね。また、仕事中は基本的に自分一人だけで翻訳に取り組む事になります。

仕事を行っている最中にずっと誰かとコミュニケーションを取るという事は、打ち合わせなどを除いてはあまりないかもしれません。また、仕事には納期がありますので、仕事を間に合わせないといけないというストレスを抱えたまま仕事に取り組む事もあるでしょう。

基本的にずっと文章を扱う事になりますので、活字が苦手な人はしんどいかもしれません。

更に、常に高いスキルが必要になりますので、勉強が好きな人は向いているかもしれません。必ずではありませんが、人によって向き不向きがある場合もあるみたいですね。

翻訳サービスやツール

翻訳サービスやツールを利用する人々がいます。簡単な英単語であれば、自力で解決する事も可能です。しかし、ウェブサイト上には難しい英単語が並んだペーシがあります。

そういったサイトの知識を参考にしたい場合は、やはり翻訳サービスやツールの出番となるケースがあります。最近では和訳の精度がドンドン上がってきているとの評価があります。良い和訳の結果が得られる場合もあります。

ただ、無料のサービスやツールでは満足できない結果が出てしまうパターンもあり、注意が要ります。大事なページなどは、プロのサービスを利用したほうが良いかもしれません。

テープ起こしも行う翻訳会社

書類にある文章を翻訳するばかりではなくて、テープなどに録音された音声を翻訳して字幕を付けたり、また書類にしたい事もあるでしょう。翻訳会社ではその様なニーズに対応するために、テープ起こしも行ってくれる事もあります。

仕事としてテープ起こしを対応してもらえる範囲であるかどうかという事は翻訳会社に確認しておきましょう。

翻訳会社は時として幅広い業務に対応してくれる事もあります。どんな場合でも自在に対応してくれるとは限りませんが、翻訳会社に確認すると回答してくれる事でしょう。

可能な範囲で翻訳会社に仕事を依頼すると、多忙な時には楽になる事もあります。依頼したい仕事の範囲を明確にしておきましょう。

頼りになる翻訳会社について

国際化が叫ばれている現代社会において、日本語と異なる言語の使用は多くみられるようになりました。飲食店や物品店などにおいても英語や中国語などへの対応が多く見受けられる他、医療や科学などの専門的分野においても、言語の翻訳が必要な場面は多いものです。

複数存在する翻訳会社では、あらゆる言語に対応される中、精度の高い翻訳業務が行われています。ネイティブのスタッフが在籍するなど、専門家によって細やかな対応が進められるだけでなく、納期や価格などについても依頼主の方の条件に応じて親身に対応してもらうことができます。

翻訳についての記事