Translation Guide翻訳ガイド

確かな翻訳力のある企業に依頼していますか?翻訳といっても様々分野でつかわれています。ですが、その媒体に合った翻訳を行う必要があります。

TOP 翻訳会社へ見積りを出してから依頼する

翻訳会社の項目一覧

  1. 翻訳会社へ見積りを出してから依頼する
  2. 図の作成も行う翻訳会社
  3. 翻訳会社の経済について
  4. 翻訳会社の通訳のサービス
  5. 専門性が高い文章に対応した翻訳会社
  6. 翻訳会社で海外で使える契約書
  7. 日本の翻訳会社に求められていること
  8. 豊富な人材がいる翻訳会社
  9. 翻訳会社の費用について
  10. 翻訳会社に抱くイメージ
  11. テープ起こしから対応する翻訳会社
  12. 翻訳会社の料金について
  13. 納品の形式が選べる翻訳会社
  14. 守秘義務を守る翻訳会社
  15. 海外にある翻訳会社に依頼

翻訳会社へ見積りを出してから依頼する

みなさんの中には、手持ちの文章を翻訳してほしい、と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。他の言語に翻訳をするといっても機械翻訳から人力翻訳まで実にさまざまなサービスが存在しています。

翻訳会社によってもレベルや料金はかわってきますので、最初に見積もりを複数の会社に出すことをおすすめします。見積りをとってしっかりと料金を確認して、納得の上で依頼をすることが、トラブル防止にもなるのです。

満足いく翻訳サービスをお探しでしたら、こうした下調べをした上で入念に行動を起こしてみてはいかがでしょうか。

図の作成も行う翻訳会社

文章だけではなく、図などの文章を訳してほしいという仕事が翻訳会社にやって来る事もあります。その様な場合には、翻訳のみならず図の作成などについても対応してくれる翻訳会社もある様です。

翻訳会社は、翻訳した文章のレイアウトについてもお手伝いしてくれる事もある様です。社内で行うには、忙しいので厳しいと感じる場合には、翻訳会社に依頼すると便利ではないかと思います。

図の作成はものにもよりますが、場合によってはかなり時間がかかってしまったり、きれいに作るには時間も必要になって来るという事も考えられます。仕事の効率を考えると社内であまり行いたくないという人には、翻訳会社にお願いするといいかもしれません。

翻訳会社についての記事

翻訳会社の経済について

経済の分野に詳しいスタッフが揃っている翻訳会社は、ここ数年のうちに顧客の数が徐々に増えていることが知られています。中でも、高学歴のスタッフがたくさん在籍している翻訳会社のメリットについては、大手の経済情報誌などで特集が組まれることがあるため、常日ごろから便利な情報源を見つけることがおすすめです。

信頼のおける翻訳会社のスタッフの特徴に関しては、新規の顧客にとって、スムーズに判断をすることが難しいといわれていますが、まずは無料相談のサービスを活用することで、担当者とじっくりと話し合いをすることが良いでしょう。

翻訳会社の通訳のサービス

通訳の技術力が優れている翻訳会社の特徴については、今や様々な媒体で紹介されることがあり、いち早く役に立つ情報を仕入れることがおすすめです。国内で有名な翻訳会社の取り組みに関しては、一般の消費者にとって、正しく判断をすることが難しいケースがあるため、定期的に各業界のプロに相談を持ち掛けることが良いでしょう。

また、翻訳会社の事業内容については、それぞれの経営者の判断に大きく左右されることが分かっており、定期的に専門業者との打ち合わせをすることが大事です。その他、通訳の必要性を予めじっくりと検討することが必要です。

メニュー

翻訳ガイドHOME 翻訳 ドイツ語翻訳 韓国語翻訳 英語翻訳 スペイン語翻訳 翻訳会社 海外調査 多言語翻訳 翻訳英語 韓国語翻訳サービス 英語翻訳サービス

Translation Guideでは英語翻訳、ドイツ語翻訳、スペイン語翻訳、中国語翻訳(北京語、広東語)、韓国語翻訳など多言語に対応した翻訳会社についてや海外調査に関する情報をご紹介しています。当サイトへのお問い合わせはこちらへ。

専門性が高い文章に対応した翻訳会社

ただ外国語の翻訳ができるというだけの翻訳会社では、専門性が高い仕事に対応できない事もある様です。もし、専門性が高い文章の翻訳をしてほしいのであれば、翻訳会社を選択する必要があるかと思います。

また、専門分野と言ってもいろんな業種がありますので、その業種を扱える翻訳会社である必要があります。しかし、インターネットで探してみると、かなり容易に翻訳会社が見つけられる事もあるかと思います。

過去に翻訳会社を利用した事があるという場合には、その会社が対応してくれるかどうか調べてみるのもいいかもしれませんね。無事にいいと思える様な会社が見つかって、仕事の依頼ができるといいですね。

翻訳会社で海外で使える契約書

海外との取引において正式な契約書をかわすことがあります。その場合には両者において契約内容に解釈の違いがあってはなりません。したがって厳密な翻訳をする必要があります。

そのためにはその言語とその業務や書類に熟知した翻訳会社に、関係書類を訳してしかるべき体裁に整えてもらうことが必定になります。

こうした翻訳会社は両方の言語の本質的な理解と経験が必要とされます。したがってやみくもに翻訳できる会社に頼めばよいものではなく、契約書の訳に実績のある会社を選びたいものです。会社の業務で用いる正式書類となるものですから、その取り扱いにも慣れた翻訳会社に依頼すべきでしょう。

日本の翻訳会社に求められていること

日本には日本翻訳連盟というものがあり、連盟のリストに登録されている会社は全国に約190社です。翻訳会社の業務内容は多岐にわたっており、一般に知られている通訳や海外映画などの字幕翻訳だけではなく、報道系やIT系、医療系や技術系など多業種における海外と日本との言語的な溝を埋める橋渡しとなる役割を担っています。

昨今ではテクノロジーの発達によりロボットによる翻訳技術が発達しており、デジタルデバイスで言語の壁を越えることもできるようになりました。これからの翻訳会社には人間にしかできない繊細で精密な翻訳の技術が求められています。

豊富な人材がいる翻訳会社

ビジネスなどの専門分野での文書翻訳といってもひとくくりにする事はできず、その場のTPOなどやニュアンによって翻訳する内容は大きく変わってくることが挙げられます。

特に契約の書類などでは慎重に対応することが必要となり、言葉の表現などで使用されるニュアンスは大きく違ってきます。各企業の意向にあった翻訳をする翻訳会社を見つけていく事は、非常に重要になってくると言えます。

表現力が豊かな翻訳者を幅広く揃えている様な翻訳の会社を探していくことや、誠実な対応をおこなう翻訳会社を探す事は非常に重要なことだと言えます。

翻訳会社の費用について

翻訳会社に発注する時に気になるのが一体いくらくらいかかるのかということです。内容や文字数にもよりますが、一番安い設定で1字10円から15円といった所です。この金額に文字数をかけた金額が請求金額になります。この単価はスケジュールや内容によって高くなっていきます。

例えばその本の分野を勉強したことがある翻訳者の人とバイリンガルの人のダブルチェックが入ると単価は15円から18円までいきなり上がります。また納期が短くなればなるほどあがっていきますので注意が必要です。

また最低金額というものが設定されていることが多く、文字200字以内で翻訳をお願いしたいという場合には対応してくれる業者を探す必要があります。

おすすめの翻訳会社

Accent株式会社

〒100-6208
東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス8F

東京駅徒歩5分

お台場オフィス
〒135-0064
東京都江東区青海2-7-4 the SOHO 8F

東京臨海新交通臨海線 船の科学館駅徒歩5分

東京臨海新交通臨海線 テレコムセンター駅徒歩5分

翻訳会社に抱くイメージ

翻訳会社に抱くイメージはどういったものがあるでしょうか。一般的には、日本語や英語を始めとする言語の翻訳を依頼するところです。そして、自分自身が翻訳者として登録するところという面もあります。

複数人での分業やチェックが基本の翻訳業は、能力さえあれば在宅での作業を認めているところも多いです。しかし、ただ言語的な能力に優れているだけでは翻訳者にはなれません。

翻訳会社に依頼される文章は、医療関係や特許関係など専門性の高いものも多いです。そのため、得意分野を持っているとより自然な翻訳ができるので有利になります。

テープ起こしから対応する翻訳会社

紙に記載されている文章の翻訳だけではなくて、映像からテープ起こしを行ってくれる翻訳会社もあります。その場合には、翻訳会社に映像を提供するだけで、翻訳の作業を行ってくれます。

翻訳会社の仕事というのは翻訳だけに留まる事なく、幅広い事もあります。翻訳会社がどこまで仕事を行ってくれるのか知りたい場合には確認してみましょう。

本来であれば自分たちが行うべき範囲まで翻訳会社が行ってくれる事もあります。幅広く対応してくれる会社を見つける事ができれば、仕事の効率化を行う事もできますのでとても便利でしょう。海外に向けた文章を作成するチャンスが多いなら、きっと多いに役立つでしょう。

翻訳会社の料金について

翻訳会社では、一般的に必要な人材を雇って翻訳作業を行っています。そのため、依頼費用に占める人件費のウエイトは高めになっています。また、翻訳の豊富な実績があり、専門性も高い人材を雇っている場合やチェック体制がきちんとしているところでは、人材を多く確保して、2重3重の校正作業を行っているところも珍しくありません。そのため、依頼費用と翻訳物の信頼度は比例しやすい傾向にあります。

また、翻訳会社によっては翻訳者の社内グレードによって単価を変えている場合もあるため、翻訳物の完成度に応じた費用体型を選択できるところあります。

納品の形式が選べる翻訳会社

この様に納品してほしいという形式があれば、翻訳会社に伝える事で対応してもらえる事もあります。

翻訳会社は翻訳した文章をメールで送ってくれる事もあれば、時には資料という形にして提出してくれる事もあります。翻訳会社が行ってくれる仕事によっては、その後の作業を行う手間が省けて、そのまま資料を使える事もあります。

翻訳会社は翻訳を行うのみならず資料や書類などを使える状態にして仕上げてくれる事もあります。

翻訳会社に依頼した文章は、その後どの様にして使用するのかという事まで考えてみると、どの様な納品形式が便利なのか分かる事でしょう。可能な範囲でお手伝いしてもらえるといいでしょう。

守秘義務を守る翻訳会社

場合によっては、翻訳会社というのは顧客の新製品に関する情報や個人情報など、世間に公表してはいけない大事な情報を扱う事もあります。

そのため、翻訳会社は顧客から預かっている情報の管理をしっかりと行う必要があります。

漏えいなどが発生しない様にするために、徹底している翻訳会社も少なくありません。翻訳会社の中には、スタッフが在宅で仕事をする事もある様ですが、その場合でも情報の漏えいがない様に、書類にサインをするなどして対策をしている事もあります。

翻訳会社はネットで相談ができるなど非常に便利になりましたが、この様に顧客にとって重要な情報の取り扱いなどに配慮する必要があります。

海外にある翻訳会社に依頼

すでに海外に拠点があるが、社内だけで翻訳の作業の対応を行う事ができないという場合には、海外にある翻訳会社に依頼する事もできます。

海外の翻訳会社に依頼する場合には、日本語に対応してくれる翻訳会社を見つけるのが容易ではない場合もあります。

しかし、一旦、満足できる仕事をしてくれる翻訳会社を探し出す事ができれば、その後も継続して仕事をお願いする事ができるのではないでしょうか。

ビジネス文章の翻訳であれば、翻訳すべき文章が次から次へと出てくる事もあります。翻訳の仕事を専門として行うスタッフを自社で採用するのもいいですが、翻訳会社を見つける事ができれば長く取引できるでしょう。