Translation Guide翻訳ガイド

確かな翻訳力のある企業に依頼していますか?翻訳といっても様々分野でつかわれています。ですが、その媒体に合った翻訳を行う必要があります。

お仕事のための英語翻訳

現代ではグローバル化も進みお仕事でも英語を使うことが増えてきています。しかし一方で我々日本人は英語翻訳がそれほど得意ではありません。では、業務中に英語が必要になったらどうすればいいのでしょうか。簡単な方法を教えます。

その答えは「簡単な単語こそゆっくり発音する」ということです。その理由としては、簡単な単語に限って早口でしゃべってしまうと。英語で話しかけてくる相手の方に「この人は英語が話せるんだな」という印象を持たれてしまい、遠慮なく話してくるからです。しかしゆっくり発音すれば。相手の方も気を使ってわかりやすく伝えてくださるでしょう。仕事ですから、「英語をうまく話すか」でなく「失敗をなくす」というところに焦点を置きましょう。

英語翻訳は聞く事で文字が書けるようになる

英語翻訳の分野で近頃大きな変化が起きています。それは、以前のように次々と文字を書き写していって知識を蓄えることから耳を使って膨大な量の言葉を聞き流すというものです。手で書く事と耳で聞き流す事は全く別物であると考えられる勉強方法ですが、結果的には耳で聞いた事が書く時にも大きく重宝します。

ただし、これまでの音声ソフトでは流暢過ぎて英語翻訳ができないケースも見受けられたものの、今はアプリを使うと自分の好きな速さに調節できるので、まるでスローモーションのように聞くことも可能です。一言一句聞き漏らさないように知っていくことが大切です。

英語翻訳の意見を参考にしよう

英語翻訳のサービスを積極的に利用したい場合には、様々な業者の専門家の意見を聞き入れることがとてもおすすめです。現在のところ、英語翻訳の料金の相場について、各方面の媒体で紹介されることがありますが、将来的なトラブルを防ぐために、便利な情報をキャッチすることが良いでしょう。

また、いくつかの業者のパンフレットや公式サイトなどの内容に目を通すことで、何時でも冷静に契約内容を理解することが可能となります。その他、英語翻訳のサービスの良しあしを見極めるために、経験豊かなスタッフからアドバイスを受けることが肝心です。

英語翻訳を勉強する方法

英語翻訳を勉強するには、文芸翻訳や字幕翻訳でなければ自分の専門の分野を持つことになりますから、まずはその専門分野について英語と日本語の両方で幅広く沢山のものを読むことが大切になります。

翻訳は長時間、大量の文書を扱うので、普段から多読に慣れておく必要があります。そのため、英語の文書を一定時間内に多読するのは初歩的な勉強法として非常に効果があります。

語彙については、一般的な語彙はもちろん、専門分野の用語についても、意味だけでなく用法にも精通している必要があります。日本語の用法についても、様々な言い回しを幅広く使いこなすことが求められます。あとは学校で習った英文解釈での和訳と、英語翻訳での英文和訳との違いを学ぶことが大切です。英文の構造に囚われすぎずに、いかにこなれた日本語に訳すかというのが、最も違うところです。

英語翻訳を豊かに表現する

英語はある程度の語学力があっても、人によって表現が変わります。日本語自体も、一つの単語に様々な意味が含まれています。英語翻訳を読みやすく表現豊かにするのには翻訳する人の感性が物を言います。

例えば英語の「プリティ」は綺麗と訳します。けれど可愛いという意味にもなります。どちらを使うかによっては文章の意味合いも変わってきます。情景にピッタリな単語を導き出すことによって、読む人の心を引きつけたり、興味を持たせたりする事が出来るのです。英語翻訳は単に単語を訳すだけの作業ではなく、情景をより上手に映しだす作業でもあるのです。

英語翻訳と翻訳料金の関係とは

以前は英語翻訳を依頼するといえば翻訳会社にお願いすることがほとんどでしたが、今ではインターネット上で気軽に英語翻訳を安価で依頼することができます。

英語翻訳を依頼する立場から考えると翻訳料金は少しでもおさえたいと思うことは当然だと思います。では、翻訳会社に直接依頼する翻訳とネット上で依頼する翻訳の違いは何でしょうか。

それは翻訳会社は翻訳者から原稿が納品されたら、必ず内容をチェックするのに対して、ネット上の翻訳はほとんどチェックは行われないということです。ですから、完璧な翻訳を望むなら翻訳会社に依頼し、おおよその内容を把握したい程度であればネット上で翻訳を依頼するという使い分けをすることをおすすめします。

英語翻訳の専門家の存在

留学やワーキングホリデーなどによって海外経験がある方の中で、英語を使った仕事に就きたいという方は多く存在していることでしょう。政治や医療、科学といった専門的な分野から、一般生活における文化面などの言葉まで、あらゆる日本語を翻訳する英語翻訳の職種は、近年、さらに需要が高まっています。

インターネットを利用する事によって翻訳が行えるサービスも見受けられるものの、様々な情報が海外と行き来する中で、どうしても言葉の壁はぬぐえません。より精度の高い翻訳作業が求められるケースも多く、専門家による業務として取り扱われます。

幅広く取り扱われる英語翻訳について

様々な翻訳会社や、語学教室、翻訳家などによって取り扱われている英語翻訳は、日本の中でもあらゆる場面において必要とされています。

文化的な事柄だけに留まらず、医療や科学、物理などの世界においても、研究や開発、論文発表などに広く用いられています。

英語力に自身のない方でも、翻訳業務を外部へ依頼することにより、細やかな作業対応がなされた英語を取り扱う事が可能となります。ネイティブスピーカーや専門のスタッフによって作業が進められる他、インターネットでも情報が出回っており、納期や価格などに合わせてサービス展開されています。

英語翻訳を上達するためには

英語翻訳を将来仕事にしたいと考えている人は、やはり英語の勉強をこつこつと続けていくこ最低限必要です。また募集に申し込みする際にもTOEIC何点以上ある、英検何級であるというわかりやすい判断基準があれば採用されやすいということもありますので、そういったわかりやすい判断基準を一つ持っているということも非常に大切です。

また翻訳というのは文法なども大切ですが、専門分野の単語を沢山知っていることも大切です。特に医療系や化学系に関しては専門用語がかなり沢山ありますので、今までそういった単語に触れたことがない人は、そういった関連の本を読むようにしておくと仕事の幅が膨らみます。

英語翻訳についての記事